Q.ギャンブルをしていても債務整理はできますか?

A. ギャンブルが原因でも債務整理ができます。

任意整理(過払い金返還請求を含む)、特定調停は借金の原因を問いません。

 

また、個人再生も、借金の原因を問わないので、免責不許可事由(ギャンブル、遊興、先物取引、事実を偽った借り入れ、架空ローン、著しく偏った返済など)があってもできます。

 

さらに、自己破産の場合でも、絶対にできない、というわけではありません。

 

例えば、ほとんどが生活費のための借金だけど少しパチンコもしていた、個人事業で失敗したけど息抜きに競馬や競艇をやったことがある、などというケースがあります。

 

このようなケースであれば、破産管財事件として財産の再調査や家計簿の提出を行ったり、反省文を書いたりすることで裁量免責(免責不許可事由はあるけど、裁判所の裁量で許してもらえる)がもらえる時があります。

 

これも立派な免責ですので、ギャンブルをやっていたけど破産できた、というケースになります。

 

司法書士・弁護士に相談すれば、裁量免責がもらえそうかどうかの意見をもらうことができるでしょう。自分で無理だと決めつけず、まずは相談してみて下さい。

ギャンブルでも債務整理は可能です。あなたの場合はどの方法が最善の解決方法なのか、一度、無料の借金診断サービスでチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

完全無料・匿名・30秒程の入力で、ベストな解決方法がスグに調べられます。また、“借金がいくら減らせるか”調べることもできます。

 

 

→無料の自己診断はこちらです。(※外部サイトへ)