Q.二回目の自己破産はできますか?

A.2回目でも3回目でも、自己破産はできます。

 

裁判所に自己破産の申し立てを行うことそのものは、何度でもできます。

 

ただし、前回の破産事件で免責決定が出なかった人や、免責決定から7年以内の場合は、破産はできたとしても、免責決定が得られない可能性が高いです。

 

破産事件では、二つの決定が出ます。

 

1つは「破産決定」。

これは、あなたには確かに借金があり、それを全部返せるだけのお金は持っていないことを認めます。という内容の決定です。

 

2つ目に出る「免責決定」。

こちらが非常に重要で、借金があってお金がないことが分かった(=破産状態)ので、借金の支払いを免除してあげますね。という決定です。

 

この免責決定が出ないと、ただ借金まみれだと言うことが裁判所で証明されただけで、なんの助けにもならないのです。

 

前回から7年経過していれば、自己破産をした場合に、免責決定がまた得られる可能性が高くなります。

 

2回目の自己破産を考えている人は、1回目から7年経過してからにしましょう。

7年経過する前の自己破産でも可能性はゼロではありません。

あなたの状況で自己破産ができるかどうかを、無料の借金診断サービス

チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

完全無料・匿名・30秒程の入力で、ベストな解決方法がスグに調べられます。

また、借金相談も無料です。

→無料の自己診断はこちらです。(※外部サイトへ)