Q.本当に借金が減るんですか?どれくらい減りますか?

A.一言で言うと、ケースバイケースになります。

 

まず、破産申立であれば今後の返済はゼロ。個人再生であれば負債総額(住宅ローンを除く)にもよりますが、約5分の1(再生債権額が500万円~1500万円の場合)などに圧縮されます。

 

特定調停の場合は、話し合いなので、どのくらい減るかは交渉力にかかっています。両者が一歩も引かず調停が成立しなかった場合は、一円も減らないということになります。

 

任意整理の場合は、将来利息と遅延損害金のカットが見込めますが、基本的には元金は減りません。こちらも交渉に応じてもらえなければ全く減らない可能性もあります。

 

しかし、任意整理や特定調停では、減額はできなくても返済期間をのばして1回の支払額を減らしてもらう、という方向性も考えられます。

 

それにも応じてもらえなかったら、今後の返済ができないことになってしまいますので、その場合には、個人再生や破産も視野に入れて、再検討することになります。

借金の返済で困っていたら、どんな方法で解決するのが最善なのか、一度こちらの無料診断サービスでチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

無料・匿名で、30秒程の入力でスグに調べられます。また、“借金がいくら減らせるか”もカンタンに調べることもできます。

→無料の自己診断はこちらです。(※外部サイトへ)

 

利用者の満足度が高い無料の借金診断サイト 3選!